ナチュラルでも美しいオトナ女子を目指そう!

OTONACHU

美肌コラム

小鼻のポツポツ「角栓」の種類と原因!自宅でできる毛穴のケア方法

投稿日:2019年4月16日 更新日:

小鼻のポツポツ「角栓」の種類と原因!自宅でできる毛穴のケア方法
子供の肌ってスベスベで本当~にキレイよね。
アラフォーママ
美肌研究家エリ
そうね。キメが細かいし、まったく毛穴も目立たないわよね。
そうなの!子供の肌を見てから、自分の肌を鏡で見るとびっくり。

特に小鼻ポツポツ。これが気になるぅ…

アラフォーママ
美肌研究家エリ
それは鼻の「角栓」ね。じゃあ、今日は小鼻の毛穴の角栓の原因とケアの仕方について見ていきましょう。

この記事で分かること

  • 小鼻の白い・黒い・赤みのある角栓の違いと原因
  • それぞれの「角栓」や「毛穴ケア」の方法
  • こんなお手入れはNG!間違った角栓ケア

気になる鼻のポツポツの原因!角栓がたまるのはなぜ?

気になる鼻のポツポツの原因!角栓がたまるのはなぜ?毛穴が目立つ状態の鼻を「いちご鼻」なんて呼んだりしますよね。

鼻は顔のなかでも皮脂が多い部分です。

そして頬のように平坦ではなく、くぼんでいる形状のため汚れも蓄積しやすいです。

その皮脂や汚れが混じり合い、毛穴を塞いでしまった状態が「角栓」です。

ポツポツに見える角栓は白い状態、黒い状態、赤みを帯びた状態の3種類があります。

  • 白いポツポツ……皮脂・汚れ・老化物質などが混ざり合い、白い塊となって毛穴に詰まってしまった状態
  • 黒いポツポツ……白角栓が空気や紫外線に触れて酸化して黒ずんだ状態
  • 赤みを帯びたポツポツ……皮脂や紫外線により肌が炎症を起こしてる状態。小鼻だけでなく頬まで赤みが帯びている場合もある
なるほど。私の鼻は黒角栓と小鼻のワキは少し赤みもあるかな。
アラフォーママ
美肌研究家エリ
そうそう、複数の状態が合わさっている場合も多いのよ。

それぞれの角栓の原因を知って、適したお手入れをすることが大切よ。

白毛穴の原因

白角栓は過剰な皮脂分泌と、開き毛穴によって起こります。

皮脂の分泌の多いオイリー肌や混合肌の人に多いのが特徴です。

皮脂が多いと出口である毛穴も開いた状態となり、これを「開き毛穴」と呼びます。

皮脂の分泌は思春期がもっとも多く20代以降は分泌量が低下していきます。

しかし鼻の周りはもともと毛穴が開いて目立ちやすい部分です。

そのため念入りにお手入れをしないと、すぐに詰まってしまい「角栓」の原因となります。

黒毛穴の原因

黒角栓は詰まった皮脂が酸化して茶色や黒っぽくなってしまった状態です。

皮脂は空気中に含まれるほこりや、メイク汚れ、古い角質、紫外線など様々なものと混ざり合います。

そして洗顔しても取り除けなかった皮脂は次第に変色していきます。

黒角栓は白角栓よりも長い間毛穴に詰まっていて、硬い状態になっています。

赤毛穴の原因

頬や鼻の皮膚は薄いため、元から毛細血管が透けて見えやすいです。これが赤みの原因となる場合があります。

また皮脂による炎症という場合も多いです。

肌の余分な皮脂が空気に触れて酸化したり、紫外線の影響で炎症を起こしたりします。

また外部からの刺激ということも。

花粉症の時期や風邪の時に頻繁に鼻をかむとティッシュとの摩擦で小鼻が赤くなることもあります。

参考 VoCE

早く改善したい!鼻の角栓を自宅で解消するお手入れ方法

早く改善したい!鼻の角栓を自宅で解消するお手入れ方法

ここからはそれぞれの角栓にあった具体的なケア方法を見ていきましょう。

白角栓タイプのケア方法

白角栓タイプのケア方法(あぶらとり紙)

このタイプはまず洗顔によって余分な皮脂を取り除くことが大切です。

もし朝の洗顔時はお湯や水のみ…という場合は、洗顔料を使いましょう。

皮脂を落としてくれる石鹸や酵素入の洗顔料で朝晩しっかりと余分な皮脂を取り除くことが大切です。

また日中はあぶらとり紙を利用してケアしましょう。

あぶらとり紙はフィルムタイプと紙タイプがあるわよね?どっちでもいいの?
アラフォーママ
美肌研究家エリ
フィルムタイプの方が吸収力は高いけれど、おすすめは紙タイプ。もしくはティッシュオフで十分よ。

注意!

フィルムタイプは必要な皮脂まで取りすぎてしまう事があります。

皮脂を過剰に除去してしまうと、逆に皮脂分泌を促すことになってしまうので気をつけましょう。

紙タイプのあぶらとり紙で適度にオフする、もしくはティッシュで優しく抑えるだけでも余分な皮脂は取り除くことができます。

重要なのは一度に沢山吸い取ることではなく、こまめに除去することです。

また毛穴が大きく開いてしまっている場合には、毛穴を引き締めて改善させていく必要があります。

そのために有効なのがピーリングです。ピーリングとは古い角質を剥がれやすくして分解してくれる効果があります。

ピーリングをして余分な角質を取り除くと、コラーゲンの生成が促されます。

その結果つまり毛穴を予防することができます

注意!

ピーリングには肌への刺激が強いものもあります。

ミルクやジェルタイプの洗い流すタイプは比較的低刺激なので、そういったタイプを選ぶようにしましょう。

さらに洗顔後は美容液を使うと毛穴が少しずつ引き締まっていきます。

開き毛穴は引き締めることができるのね♪
アラフォーママ
美肌研究家エリ
一度のケアで改善させることは難しいけれど、正しい洗顔やケアを続けることで改善させていくことが可能よ。

黒角栓タイプのケア方法

黒角栓タイプのケア方法(クレイパック)

黒角栓は蓄積された皮脂や汚れを取り除くケアをします。

洗顔にプラスして皮脂の汚れを吸着して除去する酵素やクレイ入りのマスクがおすすめです。

また加齢とともに脂質の代謝が低下します。

30代以降の方は、酸化を防ぐ効果のあるビタミンC・脂質の代謝をよくするビタミンB2・B6を豊富に含む緑黄色野菜や豚肉などを積極的に取りましょう。

美肌研究家エリ
具体的な食材については下記で紹介していくわね!

赤角栓タイプのケア方法

赤角栓タイプのケア方法(優しく洗顔する)

鼻や頬の皮膚は薄くデリケートなので、できるだけ刺激を与えないことが大切です。

まずは毎日の洗顔を見直してみましょう。ゴシゴシ洗ったりせずに、泡で優しく洗うことを心がけましょう。

そして洗顔後も刺激の少ない化粧水や乳液などでしっかり保湿することが大切です。

その時に炎症を抑える効果のあるビタミンC誘導体が入っているものを選ぶと良いです。

明らかに肌が炎症を起こしているような場合には皮膚科を受診するようにしましょう。

小鼻のプツプツの対処法「自宅で毎日行いたいケア」まとめ

小鼻のプツプツの対処法「自宅で毎日行いたいケア」まとめ

小鼻のポツポツは皮脂と深い関係があることが分かりました。

また白い角栓、黒い角栓、赤みを帯びた角栓によって、最適なケアの方法は若干違いました。

しかし毛穴全般のお手入れとして気をつけたいポイントもあります。

ここではそのポイントについてまとめていきます。

食生活の改善

食生活の改善

毛穴の詰まりや角栓は皮脂によって起こります。

つまり、そもそもの皮脂分泌について考える必要があります

皮脂の過剰分泌の原因

  • 脂っこい食事
  • 野菜不足
  • 甘い物の食べ過ぎなど、過度な糖質の摂取
  • お酒(アルコール)の飲み過ぎ など

まずはこのような偏った食生活を改善して、不要な皮脂が分泌されないようにしましょう。

もちろん過度のダイエットによる食事制限やアルコールの飲み過ぎにも注意しましょう。

積極的に取りたい栄養素は皮脂分泌を抑える働きがあるビタミンB1とB2です。

皮脂の分泌を抑える食品

  • ビタミンB1…豚肉・ピーナッツ・うなぎ・焼のり・たらこ・ごま
  • ビタミンB2…レバー・うなぎ・納豆・まいたけ・卵・モロヘイヤ

参考:正しいスキンケア事典

睡眠

睡眠

寝ている間は成長ホルモンが分泌されます。その成長ホルモンによって、細胞分裂が活発化します。

細胞分裂がきちんと行われると、お肌も正常なターンオーバー(再生)ができます。

逆に睡眠が不足すると、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

入眠から3時間は成長ホルモンの分泌が盛んになるので、この3時間に深い睡眠を取ることが大切です。

美容のための快眠方法はこちら詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい↓

美容の睡眠
【美肌力アップ】正しい睡眠で簡単に肌の修復力を高める10の方法
【美肌力アップ】正しい睡眠で簡単に肌の修復力を高める10の方法

最近お肌の調子が悪い気がする~。ちょっと睡眠不足だし‥。美肌研究家エリそれは大変!肌の調子と睡眠はすごく密接な関係がある ...

続きを見る

クレンジング

クレンジング

毛穴に入ってしまったメイク汚れをしっかりと落とすなら、毛穴が開いた状態でクレンジングするのがベストです。

美肌研究家エリ
そのため浴室で身体が温まって、血行がよくなった後にクレンジングを行うといいです。

クレンジング剤を手のひらに出したら、まずはよく手のひらでよく馴染ませます。

そして人差し指・中指・薬指の3本の指の腹で優しく円を描くようにして、汚れを浮き上がらせます。

またクレンジング剤には様々なタイプがあります。

肌質やメイクの濃さによって、あなたに最適なクレンジングは変わってきます。

クレンジングの種類や選び方はこちらで詳しく解説しています。

関連記事
【保存版】クレンジングの正しい選び方|メイクと肌質で種類が決まる
【保存版】クレンジングの正しい選び方|メイクと肌質で種類が決まる

この前クレンジングがなくなって新しいのを買いに行ったんだけど、種類がたくさんありすぎて迷っちゃった。 も〜、どうやって選 ...

続きを見る

洗顔

洗顔

毛穴に皮脂の汚れをためないように、朝・晩2回とも洗顔料を使ってキレイにしましょう。

この時、まずは十分に洗顔料を泡立てます。

洗う順番は皮脂の多いところから、Tゾーン→小鼻→頬の順で洗いましょう。

また洗顔時に多くのやってしまいがちなのがシャワー洗顔。

シャワーの強い水圧と高いお湯の温度は毛穴の大敵です。

シャワー洗顔の怖さと正しい洗顔についてはこちらもご覧ください♪

関連記事
シャンプーで洗顔しているの?
シャワー洗顔がダメな理由は水圧と温度!肌への影響と正しい洗顔方法

アラフォーママ アラフォーママ 美肌研究家エリシャワーが良くないと言われる2つの原因は「水圧」と「温度」です。 この2つ ...

続きを見る

スキンケア

スキンケア

洗顔後、入浴後は、一番乾燥が進む時です。

乾燥が進むと皮脂が分泌されるので、洗顔後は必ずスキンケアが必要です。

毛穴が詰まりやすいタイプの人はさっぱりタイプ、もしくは毛穴引き締め効果のある収れん化粧水がおすすめです。

美肌研究家エリ
私は古い角質を拭き取ってくれる「拭き取り化粧水」も使っています
関連記事
クリニークの拭き取り化粧水の実力をスキンチェッカーで計測してみた
クリニークの拭き取り化粧水の実力をスキンチェッカーで計測してみた

拭き取り化粧水って使っている?美肌研究家エリ私はクリニークのふき取り化粧水「クラリファイングローション2」を利用している ...

続きを見る

アルコール入りのものだとさっぱりするし、何より化粧水の浸透力が高まります。

保湿がきちんとできていれば、過剰に皮脂が分泌されることもなくなるのでおすすめですよ!

パック

パック

「NGなお手入れ」でも紹介しますが、はがすタイプのパックは肌への負担が大きいです。

パックをするなら、汚れを吸着させるタイプがオススメです。

具体的には汚れを吸い取ってから洗い流すタイプのクレイパックなどが良いですよ。

クレイパックで角栓を除去したあとは、毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水を使うとより効果を感じやすいです。

メイク

メイク

毛穴が気になる人は毛穴を隠したいですよね?

そのため、ファンデーションやパウダー、コンシーラーを重ねがちです。

しかし厚塗りは化粧崩れの原因となり、余計に毛穴周りが汚く見えてしまうので要注意です。

また濃いメイクをきちんと落としきれていないと、さらに毛穴を詰まらせる事になってしまいます。

メイクをしっかりした日は、より丁寧なクレンジングと洗顔できちんとメイク汚れを除去するようにしましょう。

ちょっと待った!こんな「角栓」のお手入れではブツブツは解消しません

ちょっと待った!こんな「角栓」のお手入れではブツブツは解消しません

最後に「鼻の毛穴のお手入れとしてよく行われているけれど実は逆効果…」そんなお手入れの仕方について解説していきます。

ピンセットや指で押し出す

手軽に行えて、しかも「ピュッ」と角栓が取り除けるとキレイになった気分になるし面白いですよね?

そんな理由からついついやってしまう人が多いのがこの方法です。

しかしこの方法は毛穴に圧力を与えることになり、毛穴の周りが傷つきやすいです。

実際に「綿棒」で角栓を取り除こうと思った人にはこんな声も↓

このように肌に負担がかかり、炎症を起こしたりします。

強い刺激は肌の真皮のコラーゲン組織にダメージを与えて、かえって毛穴を目立たせてしまいます。

傷ついた毛穴は余計に広がってしまい、閉じなくなってしまう恐れもあります

最悪の場合は肌に痕が残る場合もあるので止めておきましょう。

オイルと綿棒で取り除く

オイルと綿棒で取り除く

賛否両論あるのが「綿棒にオイルを含ませて小鼻の周りをくるくると動かして角栓を取る」という方法です。

ごっそり取れたという意見も↓

しかし一方でこんな感想も↓

この方法をもし試すなら、蒸しタオルなどできちんと毛穴を開いた状態で行うのが良いです。

また使用するオイルも刺激を避けるために、添加物が配合されていないものを選ぶようにしましょう。

注意!

綿棒で角栓を取ろうとすると摩擦を加えることになります。その結果色素沈着したり、肌が炎症を起こしたりする可能性があります。

またケアを行った後にきちんと洗顔をしてオイルを洗い流さないと、そのオイルが毛穴に詰まり新たな角栓の原因になってしまいます。

鼻専用のパック(毛穴パック)

鼻専用のパック(毛穴パック)

また小鼻のケアと言えば「毛穴パック」も有名ですが、剥がすタイプもよくありません。

このタイプは角栓だけなく、肌に必要な水分や油分、角質までも奪ってしまいます。

つまり自分で肌を傷つけてるようなものです。

肌から必要以上に水分や油分を奪ってしまうと、肌は乾燥します。

乾燥しすぎると、お肌は自分で自分を保護するために皮脂を過剰に分泌します。

過剰な皮脂はまた新たな角栓となって毛穴に詰まってしまいます

ですから一時的にはキレイになったように思えても、長い目で見ると毛穴のために良くありません。

まとめ

鼻の角栓は色によって原因が違ったのね。自分にあった方法で解消してみようっと!
アラフォーママ
美肌研究家エリ
除去した後も、新たな皮脂が詰まらないように予防していくことが大切ね。

それぞれの角栓をなくす方法

  • 白角栓…洗顔・あぶらとり紙・ピーリングなどのケア
  • 黒角栓…洗顔・酵素やクレイ入りのマスク・酸化を防いだり脂質の代謝を促すビタミン類の摂取
  • 赤みを帯びた角栓…刺激を与えないこと・保湿・炎症を抑えるビタミンC誘導体入りの化粧水
まずは簡単にできる洗顔の見直しからしてみるわ♪
アラフォーママ
美肌研究家エリ
そうね^^ただし根本的な原因である過剰な皮脂分泌を抑えるための「食事」や「睡眠」といった内側からのケアも忘れないようにしましょうね♪
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

コスメコンシェルジュ:えりちゅ

日本化粧品検定1級取得→コスメコンシェルジュになりました!ナチュラル(すっぴん)でも美しい大人を目指す女性を応援するサイト。使用したものを正直に数値つきでレビューしています♪【あなたのお肌がキレイになるためのお手伝いをします】

-美肌コラム

Copyright© OTONACHU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.